PIMCOのグロス氏:FOMCは年内、金利を2%で据え置きへ

債券ファンド最大手、米パシフィック・ インベストメント・マネジメント(PIMCO)の投資責任者、ビル・グロス 氏は25日、米経済専門局CNBCのインタビューで、連邦公開市場委員会 (FOMC)は年内、金利を据え置くとの見方を示した。

グロス氏は、「フェデラルファンド(FF)金利誘導目標はなお2%のま まだろう」と語った。

米連邦準備制度理事会(FRB)は25日、FOMCの定例会合を開き、 FF金利の誘導目標を2%に据え置くことを決めた。FOMCは声明で「経済 成長の下振れリスクは残るものの幾分か縮小したもようであり、インフレとイ ンフレ期待への上振れリスクは拡大した」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE