英国債:2年債続伸、利回り5.23%-景気懸念で利上げ観測が後退

英国債市場では2年債相場が上昇し、5月1 日以来の4日続伸となった。同利回りはここ2週間余りの低水準となった。6月の 英小売売上高指数が低下したことを受け、景気減速でイングランド銀行が利上げを 見送るの観測が広がった。

英国産業連盟(CBI)がこの日発表した6月の小売売上高統計によれば、小 売り企業149社のうち39%は前年同月比で売り上げが減少。一方、30%は売り上 げ増加した。3カ月平均に基づく指数は2005年12月以来の低水準となった。

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)の金利ストラ テジスト、アンディ・チェイター氏は、「短期債には明らかに価値がある」と述べ、 「今のところ、金融政策当局者は今年に利上げできないとみている」と語った。

2年債利回りはロンドン時間午後3時15分までに、前日比9ベーシスポイン ト(bp、1bp=0.01%)下げ5.23%となった。同国債(償還2010年6月、 表面利率4.75%)価格は0.15ポイント上げ99.16。10年債利回りは2bp低 下し5.13%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE