財務省:職員600人を処分、1人停職に-「居酒屋タクシー」問題(2)

財務省は25日、同省職員が深夜帰宅時にタ クシー運転手から金品を受け取っていた、いわゆる「居酒屋タクシー」問題で、 国家公務員倫理規定に違反したとして600人を処分すると発表した。これを受 け、額賀福志郎財務相と津田廣喜財務事務次官は1カ月分の給与の20%を自主 返納する。津田次官が同日夕に記者会見を開き、明らかにした。

現金や金券、ビールなどを受け取った職員は計620人。このうち他府省庁 に出向中の20人は、在籍先で処分を受ける。600人に上る処分は件数ベースで は同省として過去最大となる。

主な処分内容は、現金を受け取っていた主計局係長1人を「社会通念を著 しく逸脱した」(津田次官)として3カ月の停職としたほか、減給11人、戒告 14人、訓告9人を含む処分を行った。また、金品を受けた職員全員に対し、金 品相当額の全額を返還させる。

津田次官にも監督責任を問い、文書での厳重注意処分とした。このほか、 副大臣や大臣政務官、国税庁長官はじめ局長級以上の幹部職員も1カ月分の給 与の10%を自主的に返納するという。

額賀財務相は同日夕、省内で記者団に対し、「公務員としてあってはならな い恥ずべきこと」とした上で、「財務省職員は国民の貴重な税金を預かり、予算 編成をする立場にある。より一層重い責任を感じなくてはならない。厳重な処 分をすることでけじめをつけることで再出発し、国民の信頼の回復に向けて全 力投球していきたい」と語った。

町村信孝官房長官は同日の記者会見で、タクシー運転手から金品を受け取 った国家公務員が政府全体で1402人に上り、うち33人を国家公務員法に基づ く懲戒処分、118人を各省の内規に基づく厳重注意処分としたことを明らかにし た。省庁別では財務省が最も多かった。

--共同取材 広川高史 Editor: Hitoshi Ozawa、Masaru Aoki

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 下土井京子 Kyoko Shimodoi +81-3-3201-3142 kshimodoi@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

David Tweed +81-3-3201-2494 dtweed@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE