アジア株:MSCI指数が下落、豪BHP安い-中国海洋石油は上昇

25日のアジア株式市場では、MSCIアジ ア太平洋指数が下落した。原油価格の上昇を受け石油株が大きく上げたが、鉱山 株や金融株が売られた。

オーストラリアの鉱山大手BHPビリトンは、亜鉛や銅、ニッケルの価格下 落に反応して下げた。アイフルなど日本の金融株も安い。リーマン・ブラザーズ 証券がアイフルの不良債権への懸念を示したことが嫌気された。一方、中国最大 の海洋石油会社、中国海洋石油(Cnooc)は、新たな油田での生産を開始し たとの発表や原油高を受け、ここ3週間余りで最大の上昇。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後4時28分現在、前日比0.2%安 の138.26。業種別では原材料株の指数が最も下げた。一方で最も上昇したのは エネルギー株指数。日経平均株価は前日比19円64銭(0.1%)安の1万3829円 92銭で終了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE