今日の国内市況:株価は下落、債券上昇-ドルこう着、FOMC待ち

東京株式相場は小幅安。信用収縮や原油 高を背景にした米国の景気後退懸念から、トヨタ自動車やソニー、みずほフィ ナンシャルグループなど輸出関連や銀行株中心に売られた。東証2部上場の建 設会社、スルガコーポレーションが民事再生手続き開始を申請したのを受け、 信用リスクに対する警戒でその他金融と不動産は東証1部の業種別下落率で1、 2位を占めた。

日経平均株価の終値は前日比19円64銭(0.1%)安の1万3829円92 銭、TOPIXは3.11ポイント(0.2%)安の1346.08。5日続落となった 日経平均は、2007年12月19日の6日続落以来の連続安記録、TOPIXは 反落した。東証1部の売買高は概算で19億8471万株、売買代金は同2兆 1671億円。値上がり銘柄数は871、値下がり銘柄数は760。東証業種別33 指数の騰落状況は、値上がり業種が18、値下がり15。

受け渡しベースで6月最終日のきょうは、前日に続いてこう着ムードの強 い相場となった。米国景気の厳しさと信用警戒が重なり、日経平均は午前の取 引で一時、213円安の1万3635円と約3週間ぶりの低水準となった週初23 日の安値1万3667円を更新。しかし1万3600円台での底堅さを確認すると、 インフレ抵抗力の強い日本株への評価や年金買い期待から下げも限定された。

24、25日に開かれている米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を見 極めたいとのムードが強い中、上値を抑えたのは米国景気の厳しさだ。前日発 表された6月の米消費者信頼感指数は50.4に悪化し、米20都市部を対象に した4月のS&P/ケース・シラー住宅価格指数は前年同月比で15.3%低下し た。

指数はマイナスだったものの、値上がり銘柄数や値上がり業種が値下がり をやや上回るなど、底堅さも見せた。きょう堅調さが目立ったのは鉄道など景 気動向に左右されにくいディフェンシブ関連株と、TOPIXの中の中小型株。 米国景気やFOMCの結果に対する不安感で、海外景気との連動性の高い銘柄 ほど買いが手控えられた。

業種別で下げが目立ったのはその他金融株と不動産株。中高層住宅建設の 開発・賃貸を手掛けるスルガコーポレーションが24日、民事再生手続き開始 を東京地方裁判所に申し立て、受理されたと発表。同社が発行した無担保公募 普通社債が、マイカル債以来の約7年ぶりの債務不履行(デフォルト)となる ことで、財務基盤の弱い企業や借入金が多い企業には売りが増加した。

債券保証コストが上昇したアイフルと武富士が上場来安値を更新するなど、 その他金融株が下落。ノンバンク業界は改正割賦販売法によるクレジット取引 に対する規制への不透明感が根強いとされるだけに、新たな悪材料に敏感に反 応しやすいとの見方がある。さらに東証1部値下がり率上位ではアーバンコー ポレイションやゼファー、ランド、ジョイント・コーポレーションなど不動産 関連株が多数を占めた。

債券は上昇-米指標悪化

債券相場は上昇(利回りは低下)。前日の米国市場では指標悪化による景 気下振れ懸念で株安・債券高となった。こうした地合いを引き継ぎ、円債市場 でも買いが優勢となり、新発10年債利回りは一時1.665%と1カ月ぶりの水 準まで下げた。もっとも、買い一巡後は、米連邦公開市場委員会(FOMC) を見極めようとして、取引は手控えられた。

東京先物市場で中心限月9月物は4日続伸。前日比32銭高の134円47 銭で寄り付いた後、48銭高い134円63銭まで上昇した。しばらく134円台 半ばでの推移が続いたが、午後に入ると上値が重くなった。大引け前にやや伸 び悩んだが、結局は30銭高い134円45銭で引けた。9月物の日中売買高は 3兆1733億円。

現物債市場で新発10年物の293回債利回りは、前日比3ベーシスポイン ト(bp)低い1.675%で取引を開始した。その後、水準を切り下げ、一時は4 bp低い1.665%と、5月22日以来の低水準をつけた。いったんは下げ幅を 縮めて、1.695%にやや戻したが、午後2時以降に再び1.665%まで低下。3 時10分前後からは1.68%で取引されている。中期債相場も上昇。新発5年債 利回りは一時、前日比5bp低い1.245%と、3日以来の低水準で取引された。

24日の米国債相場は上昇。2年債利回りは大幅低下した。6月の消費者 信頼感指数が92年2月以来の最低水準に低下したことや4月の住宅価格の下 落が示されたことから、米利上げ見通しが後退した。米株式相場は3カ月ぶり 安値に下落した。午後に実施された財務省の2年債入札(300億ドル規模)で、 ここ8カ月間で最高の需要がみられたことを受けて、2年債は上値を伸ばした。

FOMC定例会合は25日に結果を発表する。金利先物相場の動向は政策 金利据え置き予想を示している。

ドルこう着-FOMC待ち

東京外国為替市場では、ドル・円相場が1ドル=107円台後半でもみ合っ た。米国時間に注目の米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を控え、 声明で景気減速とインフレ懸念に対してどのような金融政策スタンスを示すか を見極めたいとの意向が強く、積極的な取引を手控える向きが多かった。

FOMCを控えて様子見姿勢が広がるなか、ドル・円は107円66銭(ブ ルームバーグ・データ参照、以下同じ)を日中安値に狭いレンジでの取引に終 始。午後にはややドル買いに圧力がかかり、108円台乗せをうかがう展開とな った。

ユーロ・ドルは1ユーロ=1.5570ドル付近でほぼ横ばいの状態が続いて いたが、前日の海外市場で1.56ドル台を試して失敗した後で、午後には

1.5537ドルまでドルが買い戻された。

ユーロ・円は1ユーロ=167円台後半でのもみ合い相場が継続。前日には 168円38銭と昨年7月23日以来、11カ月ぶりユーロ高値をつける場面もみ られたが、この日の東京市場では167円98銭で上値を抑えられた。

米金利先物相場は一時期より低下したとはいえ、依然として8月の利上げ を35%程度織り込んでいる。市場の関心は今回のFOMC声明に集まってお り、インフレに対して強い警戒感が示された場合には、金利先高期待が再燃し、 いったんはドルが買い戻される可能性がある。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE