最も読まれた日本語記事(25日)-「スルガコポ、地裁に申請」トップ

最も読まれたブルームバーグ・ニュースの日 本語記事(国内外の市況、5%ルールなどの定型記事は除く)の上位10本は次 の通り(ニューヨーク時間前日午前零時から当日零時までを集計)

1.スルガコポ:民事再生手続き開始を地裁に申請、負債総額620億円 2.【コラム】ウッズは気付いているか、ゴルフのこの虚構を-M・ルイス 3.世界の大手金融機関、人員削減を強化へ-今回は17万人以上に影響か 4.ゴールドマンの「グローバル・アルファ」、08年成績はプラスに転じる 5.6月米消費者信頼感指数:50.4に低下、期待値は67年来の最低 6.金融危機はまだ「4イニング目」-米ブラックロックのカピート社長 7.FRB議長の「危険なゲーム」-利上げ期待のなか、きょうFOMC開催 8.クレディ・スイス:元日銀理事の松島氏を新設会長に-顧客営業に注力 9.グリーンスパン氏:金融市場の「危機」は2009年まで続く可能性も

10. 2007年の米証券会社CEO報酬、平均で33%減少-シティ調査 (注)ヒット件数の集計に基づいて選定

スルガコポ:民事再生手続き開始を地裁に申請、負債総額620億円

中高層住宅建設の開発・賃貸を手掛けるスルガコーポレーション は24日、 民事再生手続き開始を東京地方裁判所に申し立て、受理されたと発表した。同 社委託の弁護士が逮捕されたことなどで、銀行からの新規融資が困難になり、 また今後の債務の支払いが正常に行えないと判断した。負債総額は約620億円。

【コラム】ウッズは気付いているか、ゴルフのこの虚構を-M・ルイス

ゴルフの驚くべき点の1つに、実に多くの人たちがそれを「本物のスポーツ」 だと信じ込まされているということが挙げられる。全世界で現在、ゴルフは野 鳥観察などより、アメリカンフットボールやバスケットボールに近いと考えら れ、語られている。

世界の大手金融機関、人員削減を強化へ-今回は17万人以上に影響か

世界の大手金融機関での人員削減数は今回、来年の今ごろまでに合計17万 5000人に膨らむ可能性が高い。米シティグループなどが、減収と巨額の評価損 計上を受け、リストラを進めているためだ。

ゴールドマンの「グローバル・アルファ」、08年成績はプラスに転じる

米ゴールドマン・サックス・グループのヘッジファンド「グローバル・アル ファ」の年初来の運用成績がプラスとなった。ファンドの成績に詳しい関係者 3人が24日までに明らかにした。同ファンドの2007年成績はマイナス40%だ った。

6月米消費者信頼感指数:50.4に低下、期待値は67年来の最低

米民間調査機関のコンファレンス・ボードが24日に発表した6月の米消費者 信頼感指数は50.4に低下した。これは1992年2月以来の最低。ブルームバーグ がまとめたエコノミストの予想中央値は56.0だった。前月は58.1(速報値57.2) に修正された。

金融危機はまだ「4イニング目」-米ブラックロックのカピート社長

米上場資産運用会社最大手ブラックロックのロバート・カピート社長は24日、 金融危機の問題はまだ全体の半分も解消されていないとの認識を示した。

FRB議長の「危険なゲーム」-利上げ期待のなか、きょうFOMC開催

バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長がインフレやドル下落に懸 念を表明したことで、投資家の間には早ければ8月の利上げに対する期待が高 まった。議長はいま、後悔しているかもしれない。

クレディ・スイス:元日銀理事の松島氏を新設会長に-顧客営業に注力

スイスの銀行2位クレディ・スイス・グループのクレディ・スイス証券は、 元日本銀行理事の松島正之常勤上級顧問(63)を会長に据えた。顧問としての 実績を評価、会長としてより顧客営業活動に注力できる体制を整える。

グリーンスパン氏:金融市場の「危機」は2009年まで続く可能性も

グリーンスパン前米連邦準備制度理事会(FRB )議長は24日の講演で、 FRBが3月に取った信用市場立て直しの行動が金融市場の不安定度を低下さ せたものの、混乱は来年になっても続く公算があるとの見方を示した。

2007年の米証券会社CEO報酬、平均で33%減少-シティ調査

米シティグループが実施した調査によると、米証券会社の最高経営責任者(C EO)の報酬は2007年に平均で1690万ドル(約18億円)と前年から33%減少 した。株式による報酬が減少したことが響いた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE