日産のゴーンCEO:原材料高による値上げは日本も例外でない(2)

仏ルノーと資本・業務提携関係にある日 産自動車のカルロス・ゴーン最高経営責任者(CEO)は25日、横浜市内で 会見し、鉄鋼をはじめとする原材料費の上昇を受けて国内の販売価格も引き上 げる考えを示した。

会見でゴーンCEOは原材料価格について「4年間値上げが続いている。 それも大幅に上昇しており吸収できるレベルではない。すでに米国で値上げを 実施し、欧州でも値上げを発表済み」としたうえで、「日本も例外ではない。 唯一の例外は時間が遅いということだ」と述べた。

値上げ幅についてゴーンCEOは、一般論としたうえで「昨年と今年の比 較では2-3%の調整は必要」と語った。また時期については、これも一般論 としたうえで「マーケットリーダーが動かない限り単独でやるのは難しい」と しながらも、「すべてのメーカーはいずれ値上げに踏み切らざるを得ないだろ う。時間の問題だ」と強調した。

一方、米国市場についてゴーンCEOは「5、6月の状況が続けば年間需 要は1500万台を大幅に下回ることになる。これが続くかどうかは分からない し、さまざまな意見があるが、私どもは1400万台に近いことも想定して備え ている」と述べた。

日産自の株価25日終値は前日比2円(0.2%)高の899円で、年初来27% 安い水準にある。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE