新日鉄株主総会:住金・神鋼との統合可能性やデータ偽造で質問相次ぐ

新日本製鉄は25日午前、都内で定時株主総会を 開いた。鉄鋼世界最大手アルセロール・ミタルの誕生から2年経過し、業界再編が依 然進みつつあるなかで、株主からは資本提携関係にある住友金属工業や神戸製鋼所と 経営統合の可能性について質問が出たが、増田規一郎副社長ら経営陣は、可能性を否 定し、「協力できる範囲で協力を続ける」と従来からの主張を繰り返した。

このほか、新日鉄子会社の鋼管試験不備・データ偽造の問題や、独禁法違反など について株主から活発な質問が相次いだ。出席者数は2607人(前年は過去最高の2754 人)、所要時間は2時間19分。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE