債券は上昇、米景気懸念で一時1.665%に低下―FOMC見極め(終了)

債券相場は上昇(利回りは低下)。前日 の米国市場では指標悪化による景気下振れ懸念で株安・債券高となった。こう した地合いを引き継ぎ、円債市場でも買いが優勢となり、新発10年債利回り は一時1.665%と1カ月ぶりの水準まで下げた。もっとも、買い一巡後は、米 連邦公開市場委員会(FOMC)を見極めようとして、取引は手控えられた。

大和証券SMBCチーフマーケットエコノミストの岩下真理氏は、前日の 米国金利低下や日経平均株価の続落が買い材料視されて、中期債や先物を中心 に買いが入ったと説明した。もっとも、「買いが一巡した後は、FOMC待ち の流れとなり、動きはあまりなかった」との見方も示した。

東京先物市場で中心限月9月物は4日続伸。前日比32銭高の134円47銭 で寄り付いた後、48銭高い134円63銭まで上昇した。しばらく134円台半ば での推移が続いたが、午後に入ると上値が重くなった。大引け前にやや伸び悩 んだが、結局は30銭高い134円45銭で引けた。9月物の日中売買高は3兆 1733億円。

岡三証券経済調査部の坂東明継シニアエコノミストは、今週は、月末接近 で生命保険や年金基金などからの買いが入ってきている可能性があるとの見方 を示した。一方、「水準的に戻り売りが出てきても不思議ではない。FOMC 待ちもあり、ポジション(持ち高)調整の動きもあった」とも述べた。

日経平均株価は小幅続落。前日比19円64銭安の1万3829円92銭で取引 を終えた。一時は200円超の下げ幅となった。

新発10年債利回りは一時1.665%

現物債市場で新発10年物の293回債利回りは、前日比3ベーシスポイン ト(bp)低い1.675%で取引を開始した。その後、水準を切り下げ、一時は4bp 低い1.665%と、5月22日以来の低水準をつけた。いったんは下げ幅を縮めて、

1.695%にやや戻したが、午後2時以降に再び1.665%まで低下。3時10分前 後からは1.68%で取引されている。

中期債相場も上昇。新発5年債利回りは一時、前日比5bp低い1.245%と、 3日以来の低水準で取引された。

米市場は株安・債券高-消費者信頼感指数が低下

24日の米国債相場は上昇。2年債利回りは大幅低下した。6月の消費者信 頼感指数が92年2月以来の最低水準に低下したことや4月の住宅価格の下落 が示されたことから、米利上げ見通しが後退した。一方、米株式相場は3カ月 ぶり安値に下落した。

午後に実施された財務省の2年債入札(300億ドル規模)で、ここ8カ月 間で最高の需要がみられたことを受けて、2年債は上値を伸ばした。FOMC 定例会合は25日に結果を発表する。金利先物相場の動向は政策金利据え置き 予想を示している。

大和証券SMBCの岩下氏は、市場のテーマは、1-2週間前のインフレ 懸念から現在は欧米金融機関の信用不安に焦点が移っているとして、「FOM Cでは物価面だけでなく、金融不安に対するコメントに注目することが重要」 という。

一方、みずほ証券チーフマーケットエコノミストの上野泰也氏は、市場が FOMCの利下げ休止を既定路線と受け止めたうえで、声明文の内容のタカ派 度合いに注目していると指摘。「冷静に考えると、声明文が内外債券の売り材 料になる可能性は、極めて乏しいのではないか」とみている。

--共同取材:池田祐美  Editor:Hidenori Yamanaka,Norihiko Kosaka

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 宋泰允 Yasumasa Song +81-3-3201-3052 ysong9@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Sandy Hendry +852-2977-6608 shendry@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE