東証:来年秋に株式売買システム処理能力を1日5000万件に倍増-日経

日経テレコンは25日午後、東京証券取引所 が来年秋に、1日に処理できる株式注文件数を5000万件に倍増すると報じた。 東証は処理能力を数カ月おきに段階的に引き上げており、今年7月には処理可能 な注文件数を現在の2300万件から2800万件に増やす計画という。ただ、少しず つ処理件数を増やす今のやり方では抜本的な改善は難しいことから、来年秋に次 期システムを導入する際、処理能力を一気に高めると伝えている。

東証経営企画部の二木聡広報課長は、ブルームバーグ・ニュースの取材で 「現時点で次世代システムの処理件数について決まったものはない」と述べた。 東証は、2009年後半をめどに次世代システムを開発中で、処理能力は1-2週 間で拡張できるようになる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE