新生銀社長:月額報酬30%カット、「業績全責任負う」―株主総会(4)

新生銀行のティエリー・ポルテ社長(50)は 25日、都内で開いた定時株主総会で、業績低迷の責任を取り、自身の報酬を1 カ月間30%カットする方針を明らかにした。ほかの全執行役員も同期間10- 30%を返上する。

執行役員報酬の自主返上は昨年に続き2回目。昨年は1-9カ月間の報酬 を10-30%返上した。同行は個別の役員報酬を公表していないが、2008年3月 期の年棒総額は17億2700万円(新株予約権2億3900万円を含む)。執行役員 数は、08年3月末時点で15人。

ポルテ社長はまた、「業績についての全責任を負う」と述べ、今期 計画の達成に向けて決意を示した。同行は公的資金注入行に義務付けられた収 益目標を2期連続で下回っている。

3月に公表した米モルガン・スタンレー・グループへの本店売却については、 「本店を持つことが必ずしもいい戦略とは思わない」と指摘。「帳尻合わせのため の売却では」と株主から問われると、「売却益で事業活動のさまざまな部分が改 善できたのは事実だが、銀行経営を遂行するために適切な措置だった」と理解を 求めた。

同社長はまた、低迷している同行の株価について「経営陣全体が最優先事項 としてとらえている」と株価向上をにらんだ経営方針を強調した。年初来の東証銀 行株指数の下げは5.9%なのに対して、同行の株価は8.1%下落している。

同行は、発行済み株式総数の1.2%に相当する2500万株(200億円)を上限 に自己株式の取得枠を設定した。取得期間は7月1日から2009年6月30日ま での1年間。昨年は2000万株を上限に取得枠を設定していた。

--共同取材 河元 伸吾 Editor: Hidekiyo Sakihama Hideki Asai

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 谷口 崇子 Takako Taniguchi +81-3-3201-3048  ttaniguchi4@bloomberg.net 東京 日向貴彦   Takahiko Hyuga +81-3-3201-7498  thyuga@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651  yokubo1@bloomberg.net

Philip Lagerkranser +852-2977-6626   lagerkranser@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE