Gウィルがストップ安売り気配、日雇い派遣廃業報道-会社は事実なし

総合人材派遣会社のグッドウィル・グルー プ(GWG)の株価がストップ安(制限値幅いっぱいの下落)売り気配。7月末 にも子会社の日雇い派遣大手グッドウィル(東京都港区)を廃業する方針を固め たと一部で報じられ、事業撤退による収益への影響が警戒されている。午前10 時43分現在の気配値は前日終値比1000円(13%)安の6610円。差し引き7万 1300株の売り超となっており、当面は取引が成立しそうにない。

25日付の朝日新聞朝刊などによると、東京地検公安部は24日、労働者の二 重派遣事件で、グッドウィルなど4社と幹部ら計8人を職業安定法(労働者供給 事業の禁止)違反ほうじょなどの罪で略式起訴し、グッドウィルは罰金100万円 を納付した。厚生労働省は有罪が確定すれば、派遣事業の許可を取り消す方針で、 GWGは事業の継続が困難になったと判断したもよう。

GWG側はこの日の取引開始前、「日雇い派遣廃業の方針を決定した事実は ない」とのコメントを発表した。報道を受けて東京証券取引所は、事実確認のた め午前8時20分から同社株の取引を一時停止していたが、午前9時16分に再開 した。

日雇い派遣業関連ではフルキャストも10%安の3万6500円のストップ安ま で売り込まれ、上場来安値を更新した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE