アジア株:5日続落、米消費者信頼感指数低下で-トヨタや松下が安い

25日午前のアジア株式相場は5営業日続落 となっている。自動車株や電機株が安い。24日発表された6月の米消費者信頼 感指数や4月の米スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)/ケース・シラー 住宅価格指数が低下したことで、米国向け輸出需要が後退するとの懸念が強まっ た。

トヨタ自動車と松下電器産業が下落。米民間調査機関コンファレンス・ボー ドが発表した6月の米消費者信頼感指数が16年ぶりの低水準に落ち込んだこと が嫌気された。世界最大の鉱山会社、オーストラリアのBHPビリトンは、ここ 2週間で最大の下げ。金属価格の下落に反応した。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午前9時44分現在、前日比0.5%安 の137.94。日経平均株価は同0.8%安の1万3743円58銭。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE