東京外為:ドルもみ合い、FOMC控え様子見-声明内容予断許さず

午前の東京外国為替市場では、ドルがもみ 合い。米経済指標で住宅市場や消費者マインドの一段の悪化が示され、米景気 の後退懸念が強まるなか、ドルの上値は重いものの、米連邦公開市場委員会(F OMC)の結果発表を控えて、様子見姿勢が強く、ドル・円相場は1ドル=107 円台後半で小幅な値動きにとどまっている。

ユーロ・ドルも1ユーロ=1.55ドル後半で小動き。また、海外時間に11カ 月ぶりユーロ高値(1ユーロ=163円38銭、ブルームバーグ・データ参照)を つけたユーロ・円も167円台後半でもみ合う展開が続いている。

メリルリンチ日本証券外国為替部の今泉光雄ディレクターは、FOMCに ついて、「一般的には金利は据え置きで、声明がインフレ懸念を強めた内容に なるのではないかとみられているようだが、景気部分に関しても細かい文言の 削除・変化に注意が必要」と指摘する。その上で、「予断を持って迎えるとろ くなことがないので、結果が出た後に冷静に判断したいと思う人が多いと思わ れ、そういった点でも相場は動きづらい」と語る。

FOMC声明に注目

フェデラルファンド(FF)金利先物相場の動向によると、この日のFO MC会合でFF金利誘導目標が2%で据え置かれる確率は90%。ブルームバー グ・ニュースのエコノミスト調査では、102人の回答者全員が据え置きを予想し ている。

一方、金利先物相場は8月の利上げを35%織り込んだ水準となっている。 米金融当局者のインフレ警戒発言を受け、一時は70%程度まで織り込みが進ん でいたが、金融機関の業績不安や景気低迷の長期化懸念が強まったことで、米 金利の先高期待は後退している。

こうしたなか、今回のFOMC声明ではインフレと景気に対する警戒感を どのようなバランスで示すかが注目されており、インフレ懸念が強調された場 合には、いったんドルが買い戻される可能性がある一方、景気重視の姿勢が示 されれば、ドルが売られる展開も予想される。

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランドのヘッド・オブFXストラテジ ー・ジャパンの山本雅文氏は、「基本的にはインフレリスクを高める方向が予 想され、景気判断については、ダウンサイドリスクは大きく低下したとの見解 が維持される」と予想。ただ、景気判断を微調整する可能性も残っていること から、結果が分かるまでは動きにくい展開が続くとみている。

また、この日は米国で5月の新築住宅販売と耐久財受注の発表も予定され ており、「弱めの内容となれば、一時的にドルが売られる局面も警戒される」 (山本氏)。

米消費者信頼感指数、1992年以来の最低

米民間調査機関のコンファレンス・ボードが24日に発表した6月の米消費 者信頼感指数は50.4に低下した。これは1992年2月以来の最低。現況指数も

64.5と、前月の74.2から低下。今後6カ月の期待指数は41と、67年の統計開 始以来で最低に沈んだ。

一方、全米20都市部を対象にした4月の米スタンダード・アンド・プアー ズ(S&P)/ケース・シラー住宅価格指数は前年同月比で15.3%の大幅低下。 米住宅金融のフレディマック(連邦住宅貸付抵当公社)のチーフエコノミスト、 フランク・ノサフト氏は24日、米住宅価格は2009年を通して下落を続け、ピ ーク時からは最大20%の低下となるとの見通しを示した。

米指標の悪化を受け、24日の海外市場ではドルが対円で一時、107円36銭ま で下落。対ユーロでも一時、1.5621ドルまで値を下げた。

メリルリンチ日本証券の今泉氏は、ドル・円について、「107円前半の堅さ と108円台の重さの両方を確認してしまって、レベルや相場観に関係なく動け る人やデイトレ(超短期取引)以外は身動きが取れない状況」とした上で、「個 人的には108円は重く見え、107円近辺ぐらいまで調整的なドル売りがあっても いいかなと思っている」と語る。

--共同取材:吉川淳子 Editor:Tetsuzo Ushiroyama, Norihiko Kosaka

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 小宮 弘子 Hiroko Komiya

+81-3-3201-2371 hkomiya1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo

+81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 香港 Sandy Hendry

+852-2977-6608 shendry@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE