欧州株:反発、需要期待でノキアが高い-ECB総裁発言で懸念緩和

欧州株式相場は反発。携帯電話の需要増加 への期待が高まったほか、欧州中央銀行(ECB)のトリシェ総裁が複数回に及 ぶ利上げを示唆していないと発言したことが材料視され、6営業日ぶりに上昇し た。

フィンランドの携帯電話メーカー、ノキアは4月以来で最大の上げ。同社に 部品を共有する米ジェイビル・サーキットの2008年3-5月(第3四半期)利 益が前年同期比で6倍増となったことが買いにつながった。英銀バークレイズは 2カ月ぶりの大幅高。中国やカタール、シンガポール、日本の金融機関や投資会 社に新株を売却する増資計画が好感された。ニューヨーク市場の原油相場が下落 したことを背景に、独高級車メーカーのダイムラーと、アイルランドの格安航空 会社、ライアンエアー・ホールディングスを中心に自動車・航空株が上昇した。

ダウ欧州株価指数は前日比1.2%高の296.10で終了した。ブルームバー グ・ニュースがまとめたデータによれば、収益と比較した同指数の前日終値は3 月以来で最も割安だった。ダウ欧州50種株価指数は1.1%高、ダウ・ユーロ50 種株価指数は1.6%上昇した。

インターナショナル・キャピタル・ジェスチョン(パリ)の資産運用担当者、 ジャックアントワーヌ・ブレテイル氏は、トリシェ総裁発言が「市場関係者に安 心感を与えた」と述べた。さらにノキアなどの銘柄を購入するのは「現在の水準 では理にかなっている」と指摘した。

トリシェ総裁はブリュッセルの欧州議会で証言し、「小幅な利上げをする可 能性があると述べたのであって、複数回に及ぶ利上げを想定していると述べたわ けではない。とはいえ、ECBは政策をあらかじめ言明することは決してしな い」と語った。

ノキアは6.7%上昇。ジェイビルは6-8月(第4四半期)の売上高が32 億-33億ドル、一部項目を除いた1株当たり利益が29-33セントになるとの見 通しを示した。アナリスト平均では売上高が31億9000万ドル、同ベースの利益 は28セントが見込まれていた。

バークレイズは6.5%高。英銀ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・ グループ(RBS)は4.6%、スイスのUBSは5%それぞれ上昇した。

ダイムラーは1.5%上げ、ライアンエアーは6.6%高となった。エールフラ ンス・KLMグループは4%上昇した。

英独仏の株式指標

英国FT100指数は前日比31.4ポイント(0.6%)高の5666.1。FTオール シェア指数は同19.31ポイント(0.7%)上げて2881.15。

ドイツのDAX指数は81.78ポイント(1.3%)上げ6617.84。HDAX指 数は40.86ポイント(1.2%)高の3410.40。

フランスのCAC40指数は62.53ポイント(1.4%)上昇し4536.29で終了 した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE