東京外為(予想):FOMC控え様子見か、米景気懸念でドルの上値重い

きょうの東京外国為替市場では、米連邦公 開市場委員会(FOMC)の結果発表を控えて、様子見姿勢が強まりそうだ。 早朝の取引ではドル・円相場が1ドル=107円台後半で推移。米経済指標で住宅 市場や消費者マインドの一段の悪化が示され、米景気の後退懸念が強まるなか、 ドルの上値は重いものの、原油高などを背景にインフレ警戒も根強く、FOM C声明で今後の金融政策スタンスを見極めるまでは積極的な取引に踏み込みに くい状況が続く。

24日の海外市場では、米経済指標の悪化からドルが売られ、対円では一時、 107円36銭(ブルームバーグ・データ参照、以下同じ)まで下落。対ユーロで も一時、1.5621ドルまで値を下げた。ただ、その後は米国株の下げ渋りを背景 にドルも持ち直し、ユーロ・ドルは1.55ドル後半で東京市場を迎えている。

一方、ユーロ・円は海外時間に一時、1ユーロ=168円38銭と昨年7月23 日以来、11カ月ぶりの水準までユーロ高・円安が進んだが、その後は167円台 後半でもみ合う展開が続いている。

米民間調査機関のコンファレンス・ボードが24日に発表した6月の米消費 者信頼感指数は50.4に低下した。これは1992年2月以来の最低。現況指数も

64.5と、前月の74.2から低下。今後6カ月の期待指数は41と、67年の統計開 始以来で最低に沈んだ。

また、全米20都市部を対象にした4月の米スタンダード・アンド・プアー ズ(S&P)/ケース・シラー住宅価格指数は前年同月比で15.3%の大幅低下。 米住宅金融のフレディマック(連邦住宅貸付抵当公社)のチーフエコノミスト、 フランク・ノサフト氏は24日、米住宅価格は2009年を通して下落を続け、ピ ーク時からは最大20%の低下となるとの見通しを示した。

住宅価格の下落が続き、個人消費の悪化懸念が強まるなか、24日の米株式 相場は3カ月ぶりの安値に下落。ただ、景気悪化見通しでFOMCは利上げに 踏み切ることができないとの見方が支援材料となり、金融株は値を戻した。

FOMC声明に注目

フェデラルファンド(FF)金利先物相場の動向によると、この日のFO MC会合でFF金利誘導目標が2%で据え置かれる確率は90%。ブルームバー グ・ニュースのエコノミスト調査では、102人の回答者全員が据え置きを予想し ている。

一方、金利先物相場は8月の利上げを35%織り込んだ水準となっている。 米金融当局者のインフレ警戒発言を受け、一時は70%程度まで織り込みが進ん でいたが、金融機関の業績不安や景気低迷の長期化懸念が強まったことで、早 期利上げ観測は後退している。

こうしたなか、今回のFOMC声明ではインフレと景気に対する警戒感を どのようなバランスで示すかが注目されており、インフレ警戒が強く打ち出さ れなかった場合には、米金利の先高期待が後退し、ドルが売られる展開も予想 される。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE