NYコーヒー先物:3月以来の高値-ドル相場の下落で代替投資需要

ニューヨークのコーヒー先物相場は24日、 3カ月余ぶりの高値を付けた。ドル相場の下落により代替投資先としての商品の 投資妙味が高まった。

コーヒー先物は同日、ロイター・ジェフリーズCRB指数を構成する19銘柄 のうち綿花に次いで高い上昇率を示した。CRB指数は一時、前日比0.7%上昇し たものの、終値は0.2%安となった。米民間調査機関コンファレンス・ボードが発 表した6月の米消費者信頼感指数が16年ぶりに低水準となったことに加え、スタ ンダード・アンド・プアーズ(S&P)とケース・シラーが発表した4月の住宅 価格指数が低下したことから、ドル相場が軟化。米金融当局が利上げに転じると の観測が後退した。

プライス・フューチャーズ・グループ(シカゴ)のバイスプレジデント、ジ ャック・スコビル氏は、コーヒーなどの商品相場の「主な支持要因はドル相場の 軟化のようだ」との見方を示した。

ICEフューチャーズUS(旧ニューヨーク商品取引所)のコーヒー先物9 月限は、前日比1.9セント(1.3%)高の1ポンド当たり1.4835ドル。一時は

1.511ドルと、中心限月としては3月14日以来の高値を付けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE