世界の大手金融機関、人員削減を強化へ-今回は17万人以上に影響か

世界の大手金融機関での人員削減数は今回、 来年の今ごろまでに合計17万5000人に膨らむ可能性が高い。米シティグルー プなどが、減収と巨額の評価損計上を受け、リストラを進めているためだ。

ブルームバーグの集計データでは、金融機関が昨年7月以降に発表した削 減計画は計8万3000人以上が対象。人材あっせん業界の関係者は、インターネ ットバブルが崩壊し、ハイテク関連株が大きく売られた2000-03年の低迷時を 上回る人員削減の嵐が吹き荒れると予想している。

ニューヨークの人材あっせん会社、ガーソン・グループの責任者、ラス・ ガーソン氏は23日のインタビューで、「最悪期はまだだ。大きな雇用縮小に見 舞われるだろう。投資銀行業界のあらゆる分野、世界のあらゆる地域が影響を 受ける」と話した。

資産規模で米銀最大手、シティは全世界の同行従業員の約4%に相当する 1万3000人余りの削減を発表。同行の人員削減に詳しい関係者の1人によれば、 シティは投資トレーディング・投資銀行部門で10%の人員を削減する計画。

別の人材あっせん会社、チャレンジャー・グレイ・アンド・クリスマスの ジョン・チャレンジャー最高経営責任者(CEO)は電話インタビューで、「金 融サービス業界については、私の記憶にある限りでは、最悪だ」と述べた。

ワシントンの雇用統計局によれば、2000-03年にはニューヨークの銀行・ 証券業で約17%の人員が削減された。金融業界向けの人材あっせんを手掛ける ホイットニー・グループのゲーリー・ゴールドスタイン会長は、今回の削減は 業界全体の35-40%相当に達するとの予想を示し、「ウォール街は強気相場の ときは雇い過ぎ、相場が下向きのときは削減し過ぎる傾向がある」と指摘した。

「前代未聞」

資金不足で米銀JPモルガン・チェースに身売りを余儀なくされたベア ー・スターンズは、全従業員の66%に当たる9000人以上を削減している。ス イスのUBSは7000人の削減を発表。米リーマン・ブラザーズ・ホールディン グスは6300人を削減した。

ニューヨークの独立予算局(IBO)は先月公表した報告書で、同市の金 融業界では2007年のピーク時から7.1%、3万3300人の削減があるとの見通 しを示した。同市の金融業界は2000-03年の相場下落局面で5万2500人を削 減した。

労働統計局によれば、ニューヨークの金融サービス業界は昨年8月以来、 1万人を削減。解雇手当の受け取り続けている元従業員は、雇用されていると 見なされるため、この数字がすべてを物語っているわけではないという。

ロンドンにある経済ビジネスリサーチセンター(CEBR)は、ロンドン の金融業界で08、09両年で合わせて業界全体の5.4%、1万9225人が削減さ れると見込んでいる。2000-02年には4.7%、1万5340人が削減されたが、現 状についてガーソン氏は「前代未聞の状況だ。多くの仕事が失われるだろう」 としている。

To contact the reporters on this story: Josh Fineman in New York at jfineman@bloomberg.net; Deirdre Bolton in New York at dbolton@bloomberg.net.

To contact the editor responsible for this story: Otis Bilodeau at obilodeau@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE