アサヒ:フリーズドライ大手を買収、連結子会社化-食品事業拡大へ

ビール国内最大手のアサヒビールは24日、 即席めんの具材や固形スープなどフリーズドライ(真空凍結乾燥)食品を生産す る天野実業(広島県福山市)を買収すると発表した。7月をめどに発行済み株式 の80%を取得、連結子会社化する。取得総額は約60億円。商品開発や原材料調達、 生産販売体制などで協力し、国内外で食品事業の拡大を目指す。

天野実業には複数の取締役も派遣する予定だが、天野肇社長は留任する。天 野実業の2007年9月期の売上高は140億円。アサヒは今回の買収による業績への 寄与として2011年12月期に売上高で30億円増、営業利益で5億円増を見込んで いる。天野実業とはこれまで、アサヒの子会社である和光堂がベビーフードの生 産を委託している関係にあった。

国内ビール市場の成長が見込みにくいなか、アサヒは事業の多角化を進めて いる。2006年には和光堂を買収、07年にはトマトソース製造のカゴメに出資した。 アサヒの食品・薬品事業の売上高は07年12月期で692億円。中期経営計画とし て09年12月期までに800億円を目標に掲げている。

アサヒの株価終値は前日比12円(0.6%)高の1986円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE