香港株(終了):4日続落、ハンセン指数3カ月ぶり安値-不動産安い

香港株式相場は4営業日続落。指標のハン セン指数は3カ月ぶりの安値で終了した。米利上げへの懸念を背景に不動産株 が下げを主導した。

不動産大手のハンルン・プロパティーズ(恒隆地産、101 HK)は2週間で 最大の下げ。石油精製大手の中国石油化工(Sinopec、386 HK)は原油 高が利益を圧迫するとの懸念から、1週間余りでの最安値となった。

ハンセン指数は前日比258.94ポイント(1.1%)安の22456.02。4営業日 で3.7%下落で、3月20日以来の安値引けとなった。ハンセン中国企業株(H 株)指数は前日比1.8%安の12018.51。

ハンルンは3.8%安の25.40香港ドル。Sinopecは3.3%安の7.63 香港ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE