川崎汽:ノルウェーの洋上LNG開発会社に15%出資、180億円で調整

【記者:松井博司】

6月24日(ブルームバーグ):国内3位の海運会社、川崎汽船は24日、ノル ウェーの株式市場に上場している洋上液化天然ガス(LNG)開発会社、FLE X LNGに15%出資し、洋上LNG生産事業に進出すると発表した。売り手市 場のLNG生産に進出して収益拡大を狙う。FLEXが実施する第三者割当増資 を引き受ける。取得金額は約180億円で調整中。

FLEXは2006年に設立されたばかりで、開発実績はないが、海底から掘り 出した天然ガスを洋上の船舶上で液化する技術を持つ。6月上旬には第一号プロ ジェクトとしてナイジェリア沖での天然ガス採掘契約を三菱商事や権益を保有す る地元企業などと結んでおり、11年から生産を始める予定。実現すれば陸上で天 然ガスを液化しないで輸送する世界初の試みになるという。洋上液化のLNG船 はすでにFLEXが韓国の三星重工に4隻を発注済み。

川崎汽船はFLEXに役員1人を派遣する予定で、LNG輸送や付随するサ ービスを提供するほか、FLEXと共同でアジア・太平洋地域でのマーケティン グ活動も行う。川崎汽船は中期経営計画で海運事業だけでなく、エネルギーの川 上分野への進出を表明している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE