【5%ルール】フィデリティ投信、ブルークレストC、AIGインベ

財務省に24日提出された大量保有報告書の 主な状況は以下の通り。

プロスペクト・アセット・マネジメント:プロスペクト・レジデンシャル投 資法人(8969)株式の保有比率を24.85%から26.45%に増やした。

キャピタル・リサーチ・アンド・マネジメント・カンパニー:グループ全体で 千代田化工建設(6366)株式の保有比率を10.02%から9.50%に減らした。

オー・シー・エム・ジャパン・オポチュニティーズ・ファンド・エルピー: グループ全体でアーレスティ(5852)株式の保有比率を7.02%から8.14%に増や した。

アーノルド・アンド・エス・ブレイクロウダー・アドバイザーズ:ミスミグ ループ(9962)株式の保有比率を16.23%から17.36%に増やした。

タイアーシアス・キャピタル・リミテッド:エネサーブ(6519)株式の保有 比率を6.70%から7.79%に増やした。

フィデリティ投信:ハニーズ(2792)株式の保有比率を12.03%から8.23% に減らした。

フィデリティ投信:三井松島産業(1518)株式の保有比率を14.99%から

13.58%に減らした。

ブルークレスト・キャピタル・マネジメント・リミテッド:関東つくば銀行 (8338)株式の保有比率を5.35%から3.32%に減らした。

キッコーマン:理研ビタミン(4526)株式の保有比率を32.10%にした。

神商:田崎真珠(7968)株式の保有比率を6.13%から4.77%に減らした。

AIGインベストメンツ:グループ全体で三井松島産業(1518)株式の保有 比率を13.95%から12.66%に減らした。

テンプルトン・グローバル・アドバイザーズ:グループ全体で荏原製作所(6361) 株式の保有比率を11.07%から9.87%に減らした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE