ホンダ:役員の退職慰労金を廃止、業績や成果を報酬に反映-株主総会

国内2位の自動車メーカー、ホンダは24日、 都内で開いた定時株主総会で取締役および監査役の退職慰労金を今期(2009年 3月期)から廃止することを決めた。業績や成果をより反映させた報酬体系にす るのが狙いで、これに伴い取締役の報酬総額の上限を従来の月額6000万円から 9000万円に、監査役は同1300万円から1800万円にそれぞれ引き上げることも 決めた。

自動車業界ではトヨタ自動車、日産自動車、三菱自動車、マツダなどが役員 退職慰労金を廃止している。

ホンダの株価24日終値は前日比100円(2.7%)高の3770円で、年初来

0.5%上昇した水準にある。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE