7月独GfK消費者信頼感は3.9、約2年ぶり低水準-エネルギー高で

民間調査会社GfKが24日発表した7月の ドイツ消費者信頼感指数は3.9と、6月の4.7(改定)から低下し、約2年ぶり の低水準となった。エネルギー価格の高騰で、国民の購買力が低下した。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト28人の調査中央値では

4.6への低下が見込まれていた。6月の速報値は4.9だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE