韓国ポスコ:鉄鋼製品の基準となる熱延コイル価格を21%引き上げへ

アジア3位の製鉄会社、韓国のポスコは24 日、鉄鉱石と石炭価格急騰に伴い主力製品である熱延コイルを値上げする計画を 明らかにした。同製品の値上げは今年3回目となる。

ポスコの発表資料によると、鉄鋼製品の基準となる熱延コイル価格は7月1 日から1トン当たり15万ウォン(21%)値上げし、85万ウォンとする。

世界の鉄鋼メーカーは利益を維持するため、コストの上昇分を自動車メーカ ーや造船会社、各種メーカーに転嫁している。鉄鉱石の契約価格は今年、少なく とも65%上昇。コークス用炭のコストは3倍増となっている。

また冷延コイルは16万5000ウォン値上げし95万ウォンに、船舶製造など に用いる鋼板は92万ウォンと、13万5000ウォン値上げする計画。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE