タイ株は政治的緊張和らげば反発、政府支援必要なし-タイ証取会長

タイ証券取引所のパコーン・マラクン・ナ ・アユダヤ会長は24日、同国株について、国内の政治的緊張が解消されれば政 府の支援措置がなくても反発するとの見通しを示した。

パコーン会長は、バンコクで記者団に対し「タイ株式市場の状況は、支援 措置を必要とするほど深刻ではない」と指摘した。

タイ株の指標、SET指数は過去1カ月で11%の下落となり、株式市場が ある東南アジア6カ国のなかで2番目の大幅安だった。同国では20日以降、2006 年にタクシン首相(当時)辞任運動を主導した市民団体「民主市民連合」がサ マック首相の辞任を求めて首相府を包囲する抗議行動を続けている。

パコーン会長は「市場の地合いは、インフレや政治に対する懸念の影響を 著しく受けた」と指摘。その上で「現在の政治的緊張が解決すれば、すぐに株 式相場が反発すると自信を持っており、さほど心配していない」と述べた。

スラポン財務相によると、反政府行動や原油高の影響で、タイの今年の成 長率は6%未満にとどまり、当初の政府見通し(6%超)を下回る可能性があ る。

外国投資家の今月これまでのタイ株投資動向は、300億バーツの売り越し。 月間ベースの売越額として5カ月ぶりの高水準を記録する勢いだ。

-- Editor: Reinie Booysen

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Eiji Toshi 記事に関する記者への問い合わせ先: Anuchit Nguyen in Kuala Lumpur +6662-654-7308 or anguyen@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Nicolas Johnson at +81-3-3201-8343 or nicojohnson@bloomberg.net

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE