英BGグループ:豪オリジン・エナジーに敵対的買収案を提示(2)

英石油・天然ガス生産3位のBGグループ は24日、炭層ガス生産でオーストラリア最大のオリジン・エナジーの全株式を 現金138億豪ドル(約1兆4200億円)で取得する意向を発表した。オリジンの 経営陣がBGのこれまでの提案を拒否したのを受け、敵対的買収を提案した。

BGがオーストラリア証券取引所に送付した発表文によると、同社はオリ ジンの全株式に対し1株当たり現金15.50豪ドルを提示する方針。BGのフラ ンク・チャップマン最高経営責任者(CEO)は、BGの提案を検討する機会 をオリジンの株主に与えるべきだとの考えを示した。オリジンは5月30日、炭 層ガスの埋蔵量が十分に評価されていないとして、BGが提示した同額の買収 案を拒否している。

BGはオリジン買収を通じて、オーストラリア東部のガス資産を取得し、 アジア北部の公益企業に供給する液化天然ガス(LNG)プロジェクト計画に 役立てたい考えだ。株式相場の変動が激しいなか、BGはオリジンの株主が現 金による買収提案に魅力を感じることになると期待している。

ファット・プロフェッツ・ファンズ・マネジメントの資源業界アナリスト、 ギャビン・ウェント氏は「一部のオリジン株主は、BGの新たな提案の受け入 れの是非を真剣に考えることだろう」と指摘。「BGは柔軟に対応する余地を確 保した。今回の提案が最後にはならないかもしれない」と語った。

オリジンの株価は一時、前日比0.82豪ドル(5.3%)高の16.34豪ドルと、 過去最高値を更新。シドニー時間午前11時36分(日本時間同10時36分)現 在、16.32ドルとなっている。23日の終値は15.52豪ドル。

買収が実現すれば、オーストラリア企業買収としては、メキシコのセメッ クスが142億米ドルで豪リンカー・グループを買収した昨年の案件に次ぐ史上 2位の規模となる。

-- Editor: Clyde Russell, John Viljoen.

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara、Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Clyde Russell in Sydney at +612-9777-8624 or Crussell7@bloomberg.net Jason Scott in Perth at +61-8-9480-3750 or Jscott14@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Clyde Russell at +61-2-9777-8624 or crussell7@bloomberg.net.

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE