債券は小幅高、2年債入札は無難と期待―米FOMC控えて慎重も(2)

債券相場は小幅高(利回りは低下)。き ょう実施の2年債入札では、表面利率(クーポン)が据え置かれたことで無難 との見方が広がり、次第に買い戻しの動きが強まった。もっとも、24、25日に 開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)に加え、国内でも消費者物価指 数(CPI)、鉱工業生産など重要指標発表が予定されており、取引は手控え られた。

クレディ・スイス証券債券調査部アソシエイトの福永顕人氏は、「前日の 米国債市場で中期債が下落したものの、円債相場はほとんど動きがなかった。 きょうの2年債入札は、水準が0.8%台後半ということで無難に消化されると みている」と述べた。

東京先物市場で中心限月9月物は、前日比5銭高の134円5銭で寄り付い た。その後は売りが優勢になって、いったんは133円81銭の午前安値まで下 げた。売り一巡後は、買い戻しが入って、結局は18銭高の134円18銭と、午 前の高値で引けた。9月物の午前売買高は1兆4457億円程度。

日経平均株価は小幅続落。前日比6円43銭安の1万3851円4銭で午前の 取引を終了した。

三井住友アセットマネジメント保険資産運用第1グループヘッドの堀川真 一氏は、「日銀短観(企業短期経済観測調査)まで、相場は大きく動かないの ではないか。業況判断DIが悪くなりそうなので売りにくい。半面、さらに買 い進みにくい水準まで戻している」と述べた。

新発10年債利回りは1.705%

現物債市場で新発10年物の293回債利回りは、前日比1ベーシスポイン ト(bp)高い1.72%で寄り付いた後、若干水準を切り上げ、1.725%に上昇した。 その後は、徐々に水準を切り下げ、0.5bp低い1.705%で午前の取引を終えた。

前回入札された2年物の269回債利回りは0.5bp低い0.84%で引けた。一 方、新発5年債利回りは0.5bp高い1.295%で午前の取引を終えた。

JPモルガン・アセット・マネジメントのファンドマネジャー、国部真二 氏は、「FOMC声明文に注目が集まっており、それで米債が売られる展開に なれば、円債と米債の相関性が高まっているなか、円債にも売り圧力がかかる だろう。FOMC前は買いづらいのではないか。短期的にいいところまで金利 が低下しているので、水準的にもここから買い上げるのは難しいというのもあ るのではないか」と説明した。

市場では、「FOMCや国内でのCPI、鉱工業生産などの経済指標とい ったイベントを控えて、大きな動きはない」(モルガン・スタンレー証券債券 ストラテジストの伊藤篤氏)との声も聞かれた。

2年債入札、クーポン0.9%で無難予想

財務省は、2年利付国債(270回債、7月債)の価格競争入札の実施を通 知。クーポンは0.9%、発行額は1兆7000億円程度といずれも前回債から据え 置きを提示。270回債の発行日は7月15日、償還日は2010年7月15日。

伊藤氏は、「市場が切迫感を持って利上げを織り込んでいない中、水準的 に悪くない。仮に入札結果が流れても、そこから相場が崩れることにはならな いだろう」と予想する。

また堀川氏は、「応札倍率が3倍くらいであれば、無難ではないか」とみ ている。

一方、みずほ証券シニアマーケットアナリストの落合昴二氏は、「インフ レの懸念は続いているが、景気減速懸念とのせめぎあいで、力が均衡してきて いる。今のところ日銀は両方の要因に懸念を示しており、慎重な姿勢を崩して いない。今すぐ利上げするようではないが、利上げは来年あると思っている」 と指摘。

その上で、落合氏は「2年債入札は、今の水準感からすると、リスクに見 合うとは思わないのであまり買いたいという感じではない」と述べた。

米国市場では入札・FOMC控え2年債下落

23日の米国債市場で、2年債相場は下落。300億ドル規模の財務省入札を 24日に控えていることに加え、米FOMC定例会合での政策金利決定を25日 に控え、売りが優勢だった。トレーダーは25日のFOMCで政策金利が据え 置かれる確率を90%とみている。BGキャンター・マーケット・データによる と、2年債利回りは前週末比6bp上昇して2.95%付近。10年債利回りは1bp 上昇し4.17%付近。

一方、米株式相場は総じて下落。銀行の業績見通し悪化で金融株は5年ぶ り安値まで売り込まれた。S&P500種株価指数は前営業日比0.07ポイント上 げて1318。ダウ工業株30種平均は0.33ドル安の11842.36ドルとなった。

--共同取材:宋泰允 Yumi Teso Editor:Hidenori Yamanaka

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 池田祐美 Yumi Ikeda +81-3-3201-2490 yikeda4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Sandy Hendry +852-2977-6608 shendry@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE