米SEC:新たな規定を25日提案へ、格付けの重要度低下も-WSJ紙

米紙ウォールストリート・ジャーナル(W SJ、オンライン版)は24日、米証券取引委員会(SEC)がさまざまな市場 で信用格付けの重要度低下につながる可能性がある新たな規定を25日に提案す る計画だと報じた。

同紙によると、この規定案は、ムーディーズ・インベスターズ・サービス やスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)などによる格付けを考慮せず、 米マネーマーケットファンド(MMF)が短期債に投資できるようにするのが 柱。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

SECは現在、高水準の投資適格級格付けのある短期債だけを米MMFの 投資対象として認めている。新たな規定案が導入されれば、ファンドマネジャ ーが担う投資判断の責任は大きくなるという。

-- Editor:Fumihiko Kasahara

--* 参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651  yokubo1@bloomberg.net

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE