民主党の小宮山氏:秋の臨時国会には何らかの結論目指す-たばこ増税

小宮山洋子衆院議員(民主)は24日、ブル ームバーグテレビジョンのインタビューで、たばこ増税問題について語った。小 宮山氏は、たばこ税の引き上げを目指す超党派の「たばこと健康を考える議員連 盟」の共同代表を務める。主な発言内容は以下の通り。

「たばこと健康を考える議員連盟」発足のきっかけについて:

「この議連は増税ありきで始まったわけではない。ただ今回はインパクトが 強く、笹川陽平氏が『たばこ一箱1000円』と言われ、これも一つの良いきっか けだということで、別途、議員の間でも勉強会をした」

「日本はたばこ枠組み条約の批准国だが、国際的にみると対応が遅れていた ため、批准国としてたばこと健康の関係を考えていこうということになった。私 は禁煙議員連盟の幹事長をしていて、7年間禁煙でやってきたが、禁煙だけでや ると枠が狭く、各党の税調にたばこの価格を上げるよう毎年申し入れをしてもほ とんど動かない。たまに一本1円上がるぐらいだった」

「今回は、一箱1000円のインパクトに絡めて、増税のためにやりたいとい う人も、禁煙のためにやりたいという人もまとめて、枠組み条約批准国としてた ばこと健康を考える、というのが正しい目的だ」

党内、超党派の調整について:

「まだ始まったばかりだ。国会会期末に1回目の勉強会で、厚生労働省や日 本学術会議など喫煙抑制サイドから話を聞いた。この後、財務省サイドや、たば こ業界やたばこ農家などのたばこ関係者にも話を聞き、疫学的にどのような害が あるか、枠組み条約を批准した国で国際的にどういう動きをしているかなどを国 会休会中も含めてヒアリングして、秋の臨時国会には何らかの果実を得たいと思 っている」

--共同取材:君塚靖 Editor:Hitoshi Ozawa,Masaru Aoki

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 柿崎元子 Motoko Kakizaki +81-3-3201-8919 mkakizaki@bloomberg.net 東京 亀山律子 Ritsuko Kameyama +81-3-3201-7441 rkameyama@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

David Tweed +81-3-3201-2494 dtweed@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE