仏ソシエテのSIV、低格付けの債券がデフォルト-返済資金不十分で

米格付け会社スタンダード・アンド・プア ーズ(S&P)によると、仏銀大手ソシエテ・ジェネラルのストラクチャード・ インベストメント・ビークル(SIV)が最も格付けの低い債券でデフォルト(債 務不履行)した。資産売却を実施したが、債権者への返済資金を十分に確保でき なかったためだという。

ソシエテ・ジェネラルは昨年、資産の投げ売り回避や上位債務の返済に向け て、SIVのプレミア・アセット・コラテラライズド・エンティティ(PACE) の資産43億ドル(約4640億円)を引き受けた。S&Pは2月時点の残高が3 億1500万ドルだったPACEの一部債務について、格付けを最も低い「D」と、 従来の「CCC-」から引き下げた。

サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン市場崩壊による影響で、 SIVが長期資産の購入資金調達で発行する短期債の購入を投資家が控え、SI Vは過去1年間に少なくとも310億ドル相当をデフォルトしている。S&Pに よると、PACEの上位債務はすべて返済された。

S&Pは23日付のリポートで、「資産売却やすべての上位債務返済が実施 された結果、それ以外の債券保有者向けの返済資金が十分に確保されなかった」 と説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE