KDDIも国内で電報事業、慶弔に根強い需要-NTTより安く(3)

国内通信2位のKDDIは、全額出資の 子会社KDDIエボルバが手掛けている国際電報サービスを、7月1日から国 内にも広げる。日本通運と提携してその国内配送網を活用、NTTよりも料金 を2割程度安く抑える。

KDDI広報担当者の前出治彦氏が、24日付の日本経済新聞朝刊報道を受 けて明らかにした。国内展開の理由としては「電報は慶弔用に根強い需要があ るが、NTTがほとんど独占している状態が続き料金も高止まりしているため、 地道ながら収益が見込めると判断した」と述べている。

KDDIエボルバが発表した資料によると、国内の電報サービス市場は 1991年をピークに縮小傾向にあったが、最近は慶弔を中心に年間2000万程度 の利用があり、特にインターネットを通じた申し込みが急増しているという。

KDDIの株価は前日比5000円(0.8%)安の65万5000円(午後零時45 分現在)。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE