米カーライル:07年投資利益、13%減の89億ドル-信用危機響く

米プライベートエクイティ(未公開株、P E)投資会社、カーライル・グループは23日、昨年顧客にもたらした投資利益 が前年比13%減の89億ドル(約9600億円)だったことを明らかにした。信用 危機の影響で資産売却が困難になったのが響いた。

60ページからなる年次報告書で明らかにしたもので、2006年は過去最高の 102億ドルだった。07年は、英金属製品メーカー、ファース・リクソンへの投 資がほぼ10倍、欧州のプラスチック製品メーカー、HTトロプラストへの投資 が9倍のリターンをそれぞれもたらした。07年の投資総額は176億ドルだった。

ブルームバーグの集計データによると、PE投資会社が今年これまでに発 表した買収案件の規模は世界全体で1470億ドルと、前年同期の8670億ドルの 5分の1未満にとどまっている。

-- Editor: James Amott

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net     Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Edward Evans in London at +44-20-7073-3190 or at eevans3@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Frank Connelly at +33-1-5365-5063 or fconnelly@bloomberg.net;

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE