米UPS、4-6月期の利益見通しを下方修正-燃料コストなど響く

世界最大の小荷物輸送会社、米ユナイテッ ド・パーセル・サービス(UPS)は23日、2008年4-6月(第2四半期)の 利益見通しを下方修正した。燃料コストや米国内の貨物量減少が空輸需要に悪 影響を与えているのが原因。

1株利益見通しは、従来の97セント-1.04ドルから83-88セントに引き 下げられた。

-- Editor: Dave Versical

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Eiji Toshi 記事に関する記者への問い合わせ先: Mary Jane Credeur in Atlanta at +1-404-507-1322 or mcredeur@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Dave Versical at +1-248-827-2944 or dversical@bloomberg.net.

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE