NY金:続落、対ユーロでのドル高を嫌気-終値887.20ドル

ニューヨーク金先物相場は続落。ほぼ2 週間ぶりの大幅な下げとなった。ドルが対ユーロで上昇したため、代替投資と しての金の魅力が弱まった。

前週、約1.5%下落したドルは23日、一時0.9%高となった。今年はド ルが対ユーロで最安値を更新する中、トウモロコシやガソリンなど商品相場が 軒並み最高値を記録。金も3月17日に1オンス=1033.90ドルと最高値を付 けた。

イーグル・フューチャーズ(ニューヨーク)の金属トレーダー、ニック・ ルッジェロ氏は「短期的な観点で金を買い持ちにしていた投資家が多かったが、 ドルが大きく上げたため、手じまい売りを出した。対ユーロでのドル上昇をヘ ッジする動きだ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物8月限は 前週末比16.50ドル(1.8%)下落して1オンス=887.20ドル。中心限月と しては10日以降で最大の下げ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE