ドコモ新社長:アイフォーン「あきらめていない」-価格は驚き(2)

国内携帯電話最大手NTTドコモの山田隆持 社長は23日、就任後初の記者会見で、米アップル社の端末「iPhone(アイ フォーン)」の販売権取得でソフトバンクモバイルに先を越されたことについて、 「提供をまだあきらめたわけではない」と述べた。

新型iPhoneの米国での価格が、安い機種で199ドルに設定されたことに ついては、「驚きの価格。ドコモとしても、原価低減などを通じて端末価格を下げ ていきたいと考えているのは事実」と語った。日本では昨秋の販売方式変更後、端 末価格が4-5万円台程度に上昇している。

一方、顧客重視の経営改革の一環として、現在全国で約2000店あるドコモシ ョップを今期(2009年3月期)中に150店舗増やす計画を明らかにした。小規模 店舗のドコモスポット約200店も順次ドコモショップに切り替えるという。

山田氏は「全国的に見ればドコモショップのない地域はまだあるし、店頭へ行 けば混んでいる」と説明した。また会見後、記者団に「予約も可能な体制にした い」としている。

ドコモ株価の23日終値は、前週末比変わらずの15万4000円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE