今日の国内市況:株式は3日続落、債券大幅高-ドル107円前半中心

週明けの東京株式相場は約2カ月ぶりの 3日続落となり、日経平均株価は5月28日以来となる一時1万3600円台まで あった。国内外の景況感悪化や信用リスクの高まり、インフレへの懸念などか らトヨタ自動車など輸出関連株が下落。三菱UFJフィナンシャル・グループ など金融株も売られ、保険は東証1部の業種別下落率で1位だった。

日経平均株価の終値は前週末比84円61銭(0.6%)安の1万3857円47 銭、TOPIXは8.81ポイント(0.7%)安の1347.93。東証1部の売買高は 概算で18億2671万株、売買代金は1兆9463億円と3日ぶりに2兆円を割り 込んだ。値上がり銘柄数は530、値下がり銘柄数は1069。東証1部業種別33 指数は値上がり10、値下がり23。

景気後退、信用不安、インフレ懸念への根強さから、日経平均の下落率は この3営業日で4.1%となった。先週末の米ダウ工業株30種平均が、信用不安 の高まった3月10日安値(1万1740ドル)水準まであと100ドル余りへ接近。 米国では今週は24、25日に米連邦公開市場委員会(FOMC)、24日にはS &Pケースシラー住宅価格指数など重要日程が予定されているとあって、売買 代金も低調だった。

金融株や不動産株が安い。東証1部業種別下落率では保険がトップとなっ たほか、証券・商品先物取引、銀行、その他金融などもそろって上位となった。 三菱UFJフィナンシャル・グループは5月28日以来の1000円割れで、T& Dホールディングスや野村ホールディングスはともに5日連続安。保険をはじ めとする金融株は金融保証会社の格下げなど米金融機関で損失拡大の兆しが再 び出ていることや、国内景況感の厳しさが再確認されたことも心理的にマイナ スとなった。

また、不動産も下落率2位と下げがきつい。同じく信用不安による影響が 警戒されたほか、大京やダイア建設がマンションの完成在庫を最大10%程度値 下げする方針と22日付の日本経済新聞朝刊が報じ、販売価格低下による今期 業績への不安が高まった。三菱地所が3日続落となったほか、大京やダイア建 設なども安く、東証1部値下がり率上位にはゼファーやフージャースが並んだ。

債券大幅高、5年債は1.3%割れ

債券相場は大幅高(利回りは低下)。前週末の米国市場で株安・債券高と なった地合いを継続。4-6月期の法人企業景気予測調査で景況感の悪化が示 されたことも支援材料となり、円債市場は買い優勢となった。先物中心限月は 終値で134円を回復したほか、新発5年債利回りは一時1.285%まで低下し、 節目の1.3%を割り込んだ。

東京先物市場の中心限月9月物は、前週末比45銭高の133円95銭で寄り 付き、すぐに日中安値133円79銭をつけた。その後は、買い優勢の展開とな り、午前10時15分前後に134円25銭まで上昇、9日以来の高値をつけた。 午後は、高値圏でもみ合いとなり、50銭高の134円00銭で引けた。終値で 134円台を回復したのは9日以来。9月物の日中売買高は3兆806億円程度。

現物債市場で新発10年物の293回債利回りは、前週末比4ベーシスポイ ント(bp)低い1.72%で取引開始。その後は徐々に水準を切り下げ、一時は

5.5bp低い1.705%まで低下。3日以来、約3週間ぶりの低水準をつけた。

中期債相場も堅調。新発5年債利回りは一時6.5bp低い1.285%と節目の

1.3%を割り込み、5日以来の低水準をつけた。

ドル・円一進一退、FOMC警戒

週明けの東京外国為替市場では、ドル・円相場が1ドル=107円台前半か ら半ばで一進一退の展開が続いた。金融機関の業績不安や原油高による米景気 の低迷長期化懸念を背景にドルは積極的に買いづらいものの、あすから始まる 米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に、ドルを売り込む動きは見られなか った。

一方、ドイツの景況感指数の発表を控え、午後の取引ではユーロの買い持 ち高を縮小する動きが活発化。フランスのPMI製造業・サービス業指数が予 想を下回ったこともあり、ユーロは対ドルで1ユーロ=1.56ドル前半から

1.55ドル台半ばまで反落した。

この日のドル・円は、早朝の時間帯に一時、1ドル=107円11銭(ブルー ムバーグ・データ参照、以下同じ)と12日以来の安値をつけた後、107円台半 ばまでドルが反発。週末に開かれた主要産油国と消費国の会合でサウジアラビ アが原油の増産計画を発表したことを受けて、ニューヨーク原油先物相場が反 落して始まったため、ドルの買い戻しが先行した。

しかし、同水準ではドルの戻り売りが強く、原油先物が上昇に転じるなか、 ドル・円は107円15銭付近まで値を戻した。一方、クロス円(ドル以外の通 貨の対円相場)での円売りに円の上値も重く、午後には107円54銭までドル が値を戻す場面がみられ、欧州時間の取引が始まると、107円台後半まで水準 を切り上げている。

ユーロ・円相場は、前週末に約11カ月ぶりユーロ高値となる1ユーロ= 168円13銭を記録。週明けの取引でも167円台半ばから後半でユーロが底堅く 推移していたが、午後にはユーロ売りが活発となり、167円07銭まで値を下げ た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE