スイス:09年成長率見通しを1.3%に下方修正-輸出鈍化とインフレで

スイス経済省経済管轄局は23日、2009年 の同国成長率見通しを1.3%と、3月時点の予想(1.5%)から下方修正した。 世界的な景気減速が輸出に打撃を与え、インフレで個人消費が減少していると 説明した。

一方、今年の成長率については従来の見通し(1.9%)を据え置いた。昨年 の成長率は3.1%だった。

米欧の景気減速で輸出が減少し、米住宅危機を発端とする金融市場の混乱 がUBSやクレディ・スイス・グループなど銀行の収益に打撃を与えるなか、 スイスの景気拡大ペースは一段と鈍化しそうだ。同時に、原油や鉄鋼など原材 料価格の高騰が企業の利益を圧迫し、15年ぶりの高水準となっているインフレ を加速させていることも影響している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE