大和証G:中国向けファンドに1億ドル投資-民営化案件など(2)

大和証券グループ本社は23日、中国関連 案件を対象とする未公開株ファンド、HOPU・USDマスターファンドに1 億米ドルの投資を実施すると発表した。同ファンドを通じて国有企業の民営化 案件や高い成長が期待できる未上場企業に投資し、中国で高いリターンの獲得 を目指す。

出資は一般投資家として大和証Gが8000万ドル、三井住友フィナンシャル グループとの合弁会社で法人専門の大和証券SMBCが2000万ドルそれぞれ投 資する。発表資料によれば、同ファンドの募集総額は25億米ドルとなっている。

大和証G株の23日終値は前週末比14円(1.4%)安の1026円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE