関電:太陽発電でシャープと提携-世界最大級、CO2削減1万トン

関西電力とシャープは23日、大阪府堺市臨海部で太 陽光発電事業「メガソーラー発電計画」に共同で乗り出すと発表した。2社が建設する 設備の発電出力は合計2万8000キロワットと、世界最大級の太陽光発電事業となる見通 し。太陽光発電は二酸化炭素(CO2)を排出しないことから、合計年間約1万トンの CO2排出削減の効果がある。

シャープは堺市に建設中の新工場の屋根や、同地域に進出する液晶テレビ製造コン ビナート内の工場の屋上に太陽光パネルを設置し、当初は9000キロワットの電力を発電 する。最終的には1万8000キロワットの発電が可能になる見通しで、コンビナート内の 工場に供給される。2010年3月までに着工し、11年3月までの運転開始を目指す。

シャープは堺工場をガラスからパネル、液晶テレビまでを一貫生産する「21世紀型 コンビナート」として整備することを計画しており、薄膜太陽電池の生産設備も併設す る。第1段階として2010年3月までに年間の生産能力480メガワット、最終的には1ギ ガワット規模の薄膜太陽電池生産設備を稼働する予定。生産した薄膜太陽電池を同コン ビナートの太陽光発電プロジェクトに採用する。

関西電力は単独で、堺市西区の産業廃棄物埋め立て処分場に1万キロワット規模の 太陽光発電所を建設し、幅広く電力を供給する。新エネ発電・環境ビジネス推進グルー プの内田賢治課長によると、同処分場の発電プロジェクトが太陽光発電事業の実証プラ ント的な役割も果たしたうえで、発電量が低下した場合の影響などを検証するという。 2009年度の着工、運転開始は11年度を予定している。

福田康夫首相は9日、日本単独の温室効果ガス排出量を2050年までに現状から60 -80%削減する目標を盛り込んだ地球温暖化対策「福田ビジョン」を発表。このなかで、 太陽光発電世界一の座を目指し、導入量を20年までに現状の10倍、30年には40倍に引 き上げる目標を掲げている。

シャープの株価終値は前週末比13円(0.8%)高の1730円。関西電力の株 価終値 は同55円(2.5%)高の2290円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE