米原油先物市場:投機家の出来高シェアが最大に-下院委員会

米下院エネルギー商業委員会によると、米 原油先物市場では、相場が最高値更新を続けるなか、投機家が過去8年間でシ ェア(占有率)をほぼ倍増させる「過激なシフト」の結果、最大のプレーヤー となった。

2000年1月、ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の代表油種WTI(ウ ェスト・テキサス・インターミディエート)先物の出来高全体に占めた投機家 のシェアは37%。残りは、燃料コストの値上がりに供える必要がある石油精製 業者や航空会社に占められていた。しかし今年4月までに投機家のシェアは71 %に拡大した。米商品先物取引委員会(CFTC)が同委に提供した統計で明 らかになった。

同委のジョン・ディンゲル委員長(民主、ミシガン州)は、投機家のシェ ア拡大について「原油先物相場が基本的な需給関係と切り離されてしまった可 能性や、国際商品市場が米国市民を犠牲にして利益を上げる無節操な投機家の ためのカジノになっていないかという懸念が持ち上がっている」と指摘した。

ディンゲル委員長は23日、エネルギー市場での投機に関する公聴会を開催。 商品先物取引委員会(CFTC)のウォルター・ルッケン委員長代行やノース ウエスト航空のダグ・スティーンランド最高経営責任者(CEO)が証言する。

-- Editor: Dan Stets, Bill Banker

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Eiji Toshi 記事に関する記者への問い合わせ先: Tina Seeley in Washington at +1-202-624-1965 or tseeley@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Dan Stets at +1-212-617-4403 or dstets@bloomberg.net.

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE