コロンビアの石油パイプライン、爆弾攻撃受けて操業停止に-ロイター

ロイター通信は23日、南米コロンビアのカ ノリモン油田とカリブ海沿岸のコベナスを結ぶ石油パイプラインが、反政府勢 力の爆弾攻撃を21、22両日に受けて操業停止になったと報じた。国営石油会社 エコペトロルの関係者の話を基に伝えた。

ロイターによると、このパイプラインの送油量は1日当たり約9万6000バ レル。5月にも爆弾攻撃を受け、数日間にわたり操業停止となった。

-- Editor: Clyde Russell, Jane Lee.

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Christian Schmollinger in Singapore at +65-6212-1898 or christian.s@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Clyde Russell at +61-2-9777-8624 or crussell7@bloomberg.net.

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE