マレーシアのCIMB、59億バーツでバンクタイ株42%を取得へ

資産規模でマレーシア2位の銀行、CIM Bグループは、タイの国有銀行バンクタイの株式の一部を59億バーツ(約190 億円)で取得することで合意した。東南アジア2位の経済大国、タイでの足場 の拡大を目指す。

タイ中央銀行が20日発表した資料によれば、同行は傘下の金融機関発展基 金(FIDF)を通じて保有するバンクタイ株の42.1%をCIMBに1株当た り2.1バーツで売却する計画だ。

米投資会社TPGが一部出資しているバンクタイは債務担保証券(CDO) の評価損計上により、昨年は8年ぶりの大幅赤字となり、新たな投資家の支援 を期待している。タイに証券1社を抱えるCIMBは、2008年の成長率が最大 で6%と4年ぶりの高成長が予想される同国経済からの利益獲得が見込まれて いる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE