米モノライン各社、1250億ドルの金融保証の軽減を銀行に打診-FT

英紙フィナンシャル・タイムズ(FT、オ ンライン版)は23日、MBIAやアムバック・ファイナンシャル・グループ、 FGICなど米金融保証会社(モノライン)が銀行に、1250億ドル(約13兆 4200億円)に上る証券化商品に対する保証の軽減を打診していると報じた。

同紙によれば、金融保証各社がクレジット・デフォルトスワップ(CD S)の形で銀行に販売した保証契約の軽減が協議の焦点になっている。協議は 今後数カ月続く可能性があるという。

バミューダ金融当局の責任者、マシュー・エルダーフィールド氏は同紙に 対し、この問題で何らかの合意が成立すれば同部門を取り巻く「不安の影」は 取り除かれる可能性があるとの見解を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE