武田薬:多発性骨髄腫治療薬「ベルケイド」の用途拡大をFDAが承認

国内製薬最大手の武田薬品工業は20日、多 発性骨髄腫(MM)治療薬「ベルケイド」の用途を拡大して販売する計画を米 食品医薬品局(FDA)が承認したことを明らかにした。

武田によると、ベルケイドはこれまで、MM患者が他の治療方法では効果 が表れなかった場合の代替治療でのみ使用が認められていたが、今回の承認で 初期治療での使用も可能になった。

武田は今年5月、ミレニアム・ファーマスーティカルズを88億ドルで買収 したのに伴い、ベルケイドの販売権を取得した。

-- Editor: Larry Liebert, Andrew Pollack

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Joji Mochida 記事に関する記者への問い合わせ先: Catherine Larkin in Washington at +1-202-624-1908 or clarkin4@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Reg Gale at +1-212-617-2563 or rgale5@bloomberg.net.

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE