【注目株】NECエレ、キヤノン、大成建、製菓株、ダイハツ、大和ハ

23日の材料銘柄は以下の通り。

NECエレクトロニクス(6723)、エルピーダメモリ(6665):テレビや パソコンなどの液晶表示画面を駆動させるための半導体部品「LCDドライバ ー」の分野で共同出資会社を設立する。9月末をめどに契約を結び、12月に NECエレが8割、エルピーダが2割を出資して新会社を設立する。

キヤノン(7751):21日付の日本経済新聞朝刊は、2008年1-6月期の 連結純利益が、前年同期比18%減の2100億円前後となる見通しだと報じた。 円高ドル安が最大の要因。さらに、樹脂や鋼材など原材料高、米住宅ローン問 題にともなう業務用製品需要の需要低迷が響くという。

大成建設(1801):23日付の日経新聞朝刊は、中東など新興国を中心と する海外工事分野で米建設・エンジニアリング大手のベクテルと包括提携した と報じた。世界的な原材料高に対応、資材などの調達網を相互に活用して採算 管理を徹底しながら大型受注を目指すという。

明治製菓(2202)など製菓メーカー:23日付の日経新聞朝刊は、ロッ テ・グループが、欧州の高級チョコレートメーカー大手、ギリアン社(ベルギ ー)を約180億円で買収すると報じた。ギリアン社の技術力とブランド力でア ジアなど新興国市場を開拓。価格高騰が続く原料の調達力も高めるという。

ダイハツ工業(7262):22日付の日経新聞朝刊は、インドネシアにおけ る今年度の小型車生産計画を当初比25%増の年25万台に引き上げたと報じた。 原油価格高騰を背景に東南アジアなどで小型車の需要が伸びているのに対応す るため、という。同紙によると、トヨタ自動車に供給する「アバンザ」などを 増産する。

大和ハウス工業(1925):2008年度中間期(4-9月)の連結業績予想 を下方修正し、純利益予想を165億円と従来予想の255億円から引き下げる。 同社傘下の不動産投資信託(J-REIT)の上場中止で、不動産などの売却 が見込めなくなったためとしている。

ブリヂストン(5108):トラック・バス用のリトレッドタイヤ(再生タイ ヤ)事業を国内で展開する。今後3-4年で20店舗を開設、約25億円を投資 する。このタイヤは、すり減った部分を張り替えるなどして再生利用したもの で、原材料価格の高騰に対応する。

ケンウッド(6765):21日付の日経新聞朝刊によると、中堅AV(音 響・映像)メーカーのケンウッドは年内にも同業のディーアンドエムホールデ ィングス(D&M)(6735)と業務・資本提携するという。ケンウッドはD&M に対して約10億円を上限に出資、カーエレクトロニクス事業を軸に提携する としている。ケンウッドCR統括部の広報・IR室の能勢雄章室長はブルーム バーグ・ニュースの取材に対して、「D&Mとの業務面での提携などには関心 があるが、具体的には決まっていない」と語った。

イオン(8267):21日付の東京新聞夕刊の報道によると、電気自動車の 急速充電が可能な充電設備を店舗に設置する方針を固めた。電気自動車を来年 販売する予定の三菱自動車(7211)や富士重工業(7270)などと連携して取り 組むという。

伊藤忠商事(8001):21日付の日経新聞朝刊は、輸入車販売大手ヤナセ の筆頭株主(出資比率22.04%)となると報じた。ヤナセを持分法適用会社と し、部品供給などで事業の拡大を支援するという。

ソニー(6758):20日に都内のホテルで定時株主総会を開催。株主から は業績が回復傾向にある中で配当性向が低過ぎるとして、一段の増配を求める 声が相次いだ。ハワード・ストリンガー最高経営責任者(CEO)ら経営陣は、 配当は安定性、継続性を重視する姿勢を強調した。

三井物産(8031):ブラジル国営石油会社であるペトロブラス社と共同で 保有する掘削船(ドリルシップ)を用いた超深海鉱区掘削サービス事業の開始 に合意した。

飼料株:全国農業協同組合連合会(JA全農)は20日、2008年7-9月 の配合飼料供給価格を、4-6月と比べ平均1トン当たり1500円値上げする と発表した。値上げは3四半期連続。原料トウモロコシの急騰により飼料価格 に転嫁する。

西松屋チェーン(7545):08年3-5月の単体純利益は前年同期比56%減 の7億5600万円。秋冬物衣料の処分に伴う値下げロスの増加や、棚卸資産の 評価に関する基準を適用した影響が出た。09年2月期の単体純利益は前期比

1.8%減の59億1100万円と従来予想を据え置いた。

Human21(8937):主力の不動産販売事業でマンション販売時期の遅 れや値下げで、08年4月期の連結純利益は前の期比81%減の2億5300万円に とどまった。09年3月期は前期比38%増の3億4800万円を計画。

ビューカンパニー(3033):09年2月期の業績予想を下方修正。ゴールデ ンウィーク商戦などで、売れ筋商品の欠陥などから販売が不振、値引き販売で 利益率が悪化することも響く。単体純損益は5億2000万円の赤字の見通し。 従来計画は1億3000万円の黒字浮上を目指していた。前期実績は6億9200万 円の赤字。全国で婦人、紳士、子供靴の小売専門店を展開。

クボタ(6326):発行済株式総数の0.8%に相当する1000万株、100億円を それぞれ上限に自己株取得すると発表。取得期間は23日から9月24日まで。

田崎真珠(7968):08年10月通期の業績予想を下方修正。連結純損益は従 来計画の4億円の黒字から23億円の赤字に転じる見通し。粗利益率の低下に 加え、海外子会社の不振も重なることが要因。期末配当は従来計画の4円から 無配とすることにした。

ゲオ(2681):DVDやCDなどを販売するベストゲオを完全子会社化する と発表。ノウハウを最大限生かすためベスト電器から株式40%を取得するこ とにした。また、中期経営計画を修正。計画最終年度に当たる2011年3月期 の連結営業利益予想は137億円と、従来計画と比べ17億円上積みした。

ジョイフル(9942):消費者が外食を控えている上、一部原材料価格の高騰、 人件費の増加などもあり、08年12月期の連結純利益予想は従来計画比56%減 の4億7700万円。前期は10億7700万円だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE