カナダ最高裁:通信会社BCEの身売り計画承認-世界最大規模のLBO

カナダ最高裁は20日、同国の通信サービ ス会社BCEが投資家グループに520億カナダ・ドル(約5兆5200億円)で身 売りし、非公開企業となる計画を承認する判断を下した。下級審で認められな かった同計画が承認されたことで、世界最大規模のレバレッジド・バイアウト (LBO、買収先の資産を担保に資金調達する買収)計画が復活する。これを 受けてBCEの株価は6.9%上昇した。

下級審は同計画について、BCE債権者の利益を無視したものだとの判断 を示していたが、最高裁はこれを全員一致で覆した。最高裁は判決理由を後日 明らかにすると発表したが、具体的な日時は明らかにしていない。

最高裁の判断により、オンタリオ州教職員年金基金や米プライベートエク ィティ(PE、未公開株)投資会社で構成する投資家連合はBCE買収への大 きなハードルの1つを乗り越えたことになる。ただ、信用市場混乱のなかで、 銀行側はLBOに関して再交渉を望んでおり、流動的要素も残る。

ベリタス・インベストメント・リサーチ(トロント)のアナリスト、ニー ラジ・モンガ氏は「不確定要素はまだある。すべてが解決したわけではない」 と語った。

最高裁の判断を受けてBCEの株価はトロント市場での時間外取引で

6.9%高の37カナダ・ドル(午後4時10分=日本時間21日午前5時10分現在) を付けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE