NY原油(20日):反発、ドル安やイスラエルの軍事演習で買い

ニューヨーク原油先物相場は反発。ドル の下落に伴い通貨ヘッジとしての商品投資の魅力が高まったほか、ニューヨー ク・タイムズ紙がイスラエルの実施した軍事演習はイランの核施設への攻撃を 想定したものだったようだと報じたことから買いが膨らんだ。

石油価格は過去1年間でほぼ2倍に押し上げられている。ドル安を嫌気し た投資家が原油投資に資金を振り向けているのが背景。この日のドル相場は連 邦公開市場委員会(FOMC)が25日の会合で利上げするとの観測が弱まり 下落した。イランの上位聖職者の一人はイスラレルの攻撃に対し「強力な反 撃」で応じるだろうと語った。

マッコーリー・フューチャーUSAの世界エネルギー先物担当シニア・バ イス・プレジデント、ノーマン・バラカット氏は、「ドルの価値を高める唯一 の方法は金利を引き上げることだが、25日の会合ではそれは起こりそうにも ない。イスラエルによるイラン攻撃を想定した軍事演習は明らかに地政学リス クを抑える材料ではない」と語った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)で取引されている原油先物7月限 は前日比2.69ドル(2.04%)高の1バレル=134.62ドルで取引を終えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE