米ヤフーから幹部が大量流出、マイクロソフトとの交渉打ち切り後

米ポータル(玄関)サイト運営大手ヤフ ーのジェリー・ヤン最高経営責任者(CEO)は経営幹部の大量流出に直面し ている。マイクロソフトからの475億ドルの買収提案を拒否した同CEOは、 相次ぐ幹部退社で業績改善努力を続けに水を差された格好だ。

16日に退社したネットワーク部門の幹部、ジェフ・ワイナー氏を含め、少 なくとも9人の幹部がこれまでに辞意を固めたとみられている。電子メール、 検索、ホームページの各部門を統合する再編計画が実施されれば、さらに退職 者が出る可能性がある。

ヤフー株はニューヨーク時間午前10時37分現在、前日比63セント安の

22.10ドル。同社が12日にマイクロソフトへの身売り交渉を打ち切って以来、 19日までに13%下落していた。

米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ 、オンライン版)は19日、 ヤフーが電子メールと検索、ホームページの各サービス部門を再編し、世界規 模のグローバル部門に一本化する計画を検討していると報道。グローバル・ソ リューション部門のヒラリー・シュナイダー執行副社長が新たな責任を担うこ とになる可能性が高いという。同紙は事情に詳しい複数の関係者の話を基に伝 えた。

同紙によれば、再編計画は現在、スーザン・デッカー社長によってまとめ られており、早ければ来週にも発表される。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE