香港株(終了):続落-中国アルミ安い、電力値上げによるコスト高で

香港株式相場は続落。アルミニウム生産で中国 最大手、中国アルミ(チャルコ、2600 HK)は5カ月ぶり安値を付けた。電力料金 引き上げで生産コストが上昇することが嫌気された。

国内で石炭最大手の中国神華能源(1088 HK)は3カ月ぶり安値。中国政府が 19日に発電所向け石炭価格を今年いっぱい制限することを発表したことが材料視 された。

ベアリング・アセット・マネジメント・アジア(香港)のファンドマネジャー、 ウィリアム・フォン氏は「電力値上げは製造業にとってさらなる重しだ」と指摘し た。

ハンセン指数は前日比52.01ポイント(0.2%)安の22745.60で終了。前週末 比では0.7%高となった。ハンセン中国企業株(H株)指数は前日比0.7安%の

12343.54。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE